カシオホーム > 製品情報 > 電卓 >

電卓基礎知識

電卓基礎知識

AC(オールクリア) / C(クリア)

「クリアキー」にも種類がある

正確に「消す」ことはとても重要。直前に行った数値が残っていたら、正しい計算結果は出ませんよね。きちんとクリアしてから計算を始めるようにすれば、おのずと間違いは少なくなります。
だけどそれがクセになってしまって、ひとつの入力ミスでも全部クリアして計算し直すようでは効率が悪いもの。クリアキーの種類を覚えて、必要なところだけクリアするようにしましょう。

オールクリア

オールクリア

これまでの計算を全てクリアします。ですが、後で説明するメモリー機能を使っていた時は、ACだけだとメモリーの内容が残ってしまいます。ディスプレイに「M」の表示が出ていたら、続けてMCを押しましょう。

クリア

クリア

最後に入力した数値を消すキーです。入力を間違った時、最初からやり直さなくてもこれを使えば大丈夫。クリアキーは、機種やメーカーによって機能が違います。計算結果が違ってきてしまいますので、自分の電卓がどのタイプなのか、調べておきましょう。


カシオ

カシオ以外の電卓

メモリーを含めた全てを消す

ACMC

CA

メモリー以外を消す

AC

C

直前に入力した数値を消す

C

CEあるいはCl

C⁄CEのように2つの機能を兼ねている機種もある。この時は2度押すことでCの役割を果たす

このページの先頭へ